MENU

自己破産の相談をする場合、弁護士と司法書士ではどう違うのか?

自己破産を検討するという事は、現在借金返済の見通しが立たない状況だからと思います。
借金問題は、弁護士や司法書士などの専門家に相談すれば解決可能ですが、その違いは何か知っていますか?
通常の生活では、これらの専門家との接点はありませんので、まずご存知の方はいません。
ここでは、弁護士と司法書士の違いを解説しています。

 

 

 

 

弁護士について

弁護士は、法律の専門家として法律行為を代理するあらゆる権限を有している資格者のことです。
資格を有さないものは、「弁護士」を名乗ることは法律で禁止されています。
その地位が、厳格に保護されているのです。
また、弁護士資格を持たない者が、報酬を得ることを目的として法律事務に携わること(非弁行為)も禁止されています。

 

司法書士について

司法書士は書類作成代行が主業務です。
そのため、原則として法律行為を代理することはできません。
債務整理については、2003年の法改正により、法務大臣の認定を受けた司法書士(認定司法書士)に、一部の整理業務が認められるようになったものの、制限が多いため依頼時には注意が必要です。

 

債務整理を行うでの相違点

 

弁護士

司法書士

報酬 高め 低め
債務総額 制限なし 総額140万以下
交渉代理権 制限なし 有り(債務総額140万以下の場合のみ)
訴訟代理権 制限なし 有り(簡易裁判所の場合のみ)

 

弁護士と司法書士では、結局どちらに相談する方が良いのか?

法律行為の代理は、やはり原則として弁護士に相談することになります。
司法書士は報酬が低めの所が多いので、予め債務総額140万以下であることが分かっている時には、司法書士に依頼するメリットがあると言えます。
ただし、自己破産や個人再生は地方裁判所の管轄となるため、司法書士では手続きを行うことはできません。

 

そうなると申立などの手続きは全て自分で行う必要があるので、弁護士に相談した方が無難でしょう。
自己破産で弁護士に相談した場合、首都圏在住なら処分する財産があっても少額管財事件となります。
その際は通常50万の予納金が20万で済むため、そういったメリットもあります。

 

手続きが多少面倒でも、少しでも破産費用を抑えたいという事であれな、司法書士に相談するのも良いかもしれません。
書面作成はやってくれますし、裁判所への申請方法も教えてくれます。
多少面倒ですが、手続きは可能です。

 

 

 

 

自己破産以外では司法書士に相談するメリットも大きい!

ただし例外もあります。
闇金業者などへの対応は、司法書士の方が熱心で実績もあり、相談できる先も多くあります。
相手が違法業者ですから、法律業務とは違ったノウハウが必要になるのです。
闇金業者からの取り立てで苦しんでいる場合は、対応する司法書士に相談してみましょう。

 

 

自己破産は、消費者側に立ってちゃんと相談できる法律事務所を選ぶ事が大切です。
金融知識に詳しく、債務関係の解決経験が豊富な弁護士になら安心して任せられますよね!

 

自己破産