MENU

自己破産申し立ての具体的な手続き記事一覧

当然ではありますが、法的に手続きを行うには、担当する機関への申請を行わなければいけません。ここでは、自己破産に必要な書類をまとめておきましょう。中には法律事務所で用意してくれるものもありますが、自分で準備したり、記述を要するものもあります。裁判所に提出する様々な書類が、自己破産には必要です。厳密には、書面ではなく口頭で自己破産の申し立てを行うこともできますが、ほとんどの場合は、書類の提出によって手...

たとえ自己破産の申し立てをしたとしても、それで終わりではありません。免責許可を得られなければ、借金返済からは解放されないのです。ここでは、どのような場合に、免責不許可事由として取り扱われてしまうのかを詳しく見ていきたいと思います。裁判所が、免責しないと判断するパターンは、債務者があまりに身勝手であった場合が考えられます。例えば、給与に全く見合っていない範囲で、高額なものを購入したり、ギャンブルに手...

これまでの借金をどうにか免除してもらおうと、人は自己破産の手続きを進めます。そのスタート地点として、破産手続きの開始が裁判所で決定されます。従来の破産法では、破産宣告などと呼ばれたりしていました。自己破産を求める人が、裁判所にその旨を申し立てると同時に、一連の手続きが開始されるわけではありません。債務者の申し立てに沿って、裁判所は、債務者の借入状況や収入、財産などを調査、確認し、本当にもう借金を返...

自己破産申し立て時の状況によって、2パターンの方法があることをお話しておかなければならないでしょう。表題にもありますが、同時廃止と管財事件の2種類です。冒頭に書いた自己破産申立時の状況とは、具体例を挙げると、財産が20万円以上あるかないかという点でも語れます。財産がある場合、当然の如く、債権者にそれを配当しなければなりません。20万円を超えて財産を持つ場合、裁判所が、破産管財人という立場の人を選任...

自己破産をする場合、本人(債務者)の居住地住所を管轄する地方裁判所に申し立てを行うことになります。そこで疑問に感じるのが、どの裁判所でも全く同じ運用をしているのか?という事です。結論としては、東京地裁のみ一部独自のルールがあるというのが回答です。おかしな話ではありますが、現実そうなっているので、この違いを上手く使う事を考える方が建設的です。ここでは、東京での自己破産について解説しています。小額管財...

借金を返済する目途がまったく無い場合、最終手段として検討するのが自己破産です。この法的手続きのは、弁護士や裁判所に収める予納金、収入印紙代など、それなりの費用が必要になります。所有財産がない場合でも、数十万円程度の金額になることが普通です。参考:「自己破産費用(弁護士費用など)はいくら掛かる?」生活保護受給者は、殆どの場合は無職で、生計を立てる収入がありません。にも拘わらず借金があるケースも多く、...

生活を立て直すために自己破産する事を決意したとして、この手続きは自分でできるものなのでしょうか?結論から言うと、不可能ではありません。しかし、相当な勉強と時間が必要になってきます。年間の自己破産の件数は景気によって左右されますが、最近の統計情報では12万件程度の件数で推移しています。毎年毎年、10万人以上の方が破産手続きを申請しているわけです。この中で、自分で「自己破産手続き」を行っている人って、...

日本の会社(法人)の約8割が赤字企業で税金すら払えない状況が続いています。経営に行き詰って倒産というのは、珍しいことではありません。銀行や取引先の債務を抱えて倒産となれば、行きつく先は「会社整理」ですよね。このページでは、法人と個人の違いや、会社が破産したらどうなるか?などについて解説しています。また、役員等への影響についても記載しているので、経営者の方には役立つと思います。よろしければ、参考にし...