MENU

自己破産についての専門家インタビュー

管理人

本日は、私もお世話になっている「はたの法務事務所」様に、借金返済に行き詰っている方向けに、債務整理の中でも最終手段とも呼ばれる自己破産についてお伺い致します。
先生、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

自己破産は最終手段と言われているそうですが、という事はそれ以前に検討すべき方法があるという事ですよね。
借金の払えなくなった場合、どういった順序で検討すれば良いのでしょうか?
また、自己破産を考えなければならない目安は?

 

司法書士

借金が払えなくなった場合、重圧に耐えきれず、悲観的になってしまう場合もあると思います。
ただ、思いつめる必要はありません。
なるべく早く整理して生活を立て直せばよいのです。
整理期間中に自分を見つめ直し、整理されてから晴れて計画的な消費活動を再開、豊かな人生を再スタートすれば良いのです。
借金整理には主に状況に応じて3つ手法があります。

 

@任意整理(現在の収入に見合った返済額で返済していく方法)
A自己破産(国に借金を免除してもらう方法)
B個人再生(国に借金を圧縮してもらう方法)です。

 

月の返済額が少なければ返済出来るのであれば任意整理、返済できない場合は自己破産、返済出来るが借金が大きく全額は無理、また、住宅ローンを抱えている場合は個人再生となります。
借りた物は返す!これは基本ですから、ご自分の収入と借金を比べ返済の見込みが少しでもあるのであれば任意整理から検討し、次に再生や破産を検討するべきでしょう。

 

管理人

自己破産は裁判所で行う手続きなので、自分で申請することも可能だと思いますが、あえてプロの法律家に依頼するメリットについて教えて下さい。
また弁護士事務所、司法書士事務所に依頼した場合の違いについてもお伺いしたいです。

 

司法書士

借金は返済する事が前提です。
それを全額免除してもらったり、無条件で圧縮してもらったりできるわけですから、そう簡単に事は運びません。
裁判官の目はとても厳しいです。

 

なぜ借金をしたのか?何に使ったのか?本当に返済できないのか?を細かく問われ、先方を納得させる理由や証拠を数多く用意して全ての質問に恙無く返答できるよう、完璧に仕上げなければなりません。
ご自分で申請されるには相当な時間と手間を要します。
他にやるべきことをやって頂き、手続きはプロに任せる方が賢明でしょう。

 

弁護士事務所と司法書士事務所の違いについて。
破産、再生は地方裁判所に申し立てますが司法書士は簡易裁判所に代理人として出廷する事はできますが地方裁判所以上の裁判所には出廷する事ができません。
司法書士に依頼した場合、司法書士は申立書の作成を行い、ご本人様が地方裁判所に申し立てることになります。

 

管理人

なるほど、良く分かりました。
やはり自己破産は、専門家にお願いするのが現実的という事ですね。
とは言え、日々の支払いに追われている状態で、事務所さんにお支払いする費用を用意できない人も多いと思います。
そういった場合、何か救済措置のようなものは無いのでしょうか?

 

司法書士

当事務所は債務整理専門で行っております。
借金返済でお金がないからご依頼されるわけですから当事務所の費用によって借金が膨らんでしまうような事は致しません(無論タダで動くわけではありませんが)。
費用は全て事務所への分割払いでいただきます。
ご依頼頂いた月の各借り入れ先への返済からストップしていただいて(どこにも払わない、請求も来ない状態を作ります)次の月もしくはその次の月から返済費用、事務所費用含んだ金額の入金をスタートしてもらいます。

 

管理人

それは素晴らしいですね!
それなら安心して相談できますし、他で無理でもこちらの事務所なら依頼できるという方も大勢いらっしゃると思います!

 

ところで自己破産手続きをするとして、正直デメリットってありますよね?
仕事とか住宅賃貸に影響が出るといった話を聞いた事もあります。
実際にどんな不都合が起きるのか、教えて下さい。

 

司法書士

自己破産は大事故です。
官報という政府の日刊紙にお名前が掲載されます。
仕事には特に影響ありませんが手続き期間中は保険外交員やガードマン・・・・・等に従事することを禁じられております。
また、住宅賃貸について、債務整理全般に言えることですが、債務整理をすると信用情報登録機関に“事故情報”としてお名前が登録されます。
保証会社を付けている不動産屋さん経由で住宅の賃貸契約を結ぶ場合、保証会社は信用情報を閲覧しますのでそこで契約が出来ない場合が考えられます。
一定期間は保証会社を付けていない不動産屋さんにあたることをおすすします。

 

管理人

借金返済の苦労から完全に解放されるなら、メリットの方が大きそうですね!
相談者の方の状況にもよるのだと思いますが、支払い継続が無理な状態なら検討する価値はありますね。
先生、それでは最後に自己破産を悩んでいる方に何かメッセージをお願いできますでしょうか。

 

司法書士

皆様の消費活動が止まってしまうと日本経済にとっても打撃です。
自己破産をはじめ、債務整理の目的は、有意義なお金の使い方をしてより豊かな人生を送るために再起をはかる事であり、そのための準備手続きと言えます。
悩む時間を本当にやるべきことに費やしていただき、借金の事は全てプロに任せた方が賢明でしょう。

 

管理人

本日は、ありがとうございました。

 

 

プライバシーに配慮された相談室

 

相談室内の様子

 

 

司法書士法人 はたの法務事務所
代表者 認定司法書士 幡野博文
住 所 東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階(東京本店)
    愛知県名古屋市中区錦1-15-11 名古屋伊藤忠ビル4F(名古屋支店)
電 話 0120-580-148
WEB 自己破産問い合わせ

 

開業から35年!10万件を超える相談実績のある老舗事務所。
借金の相談、自己破産、個人再生、相続、贈与、不動産登記、商業登記・・等々の法律業務に認定司法書士が幅広く対応している事務所です。