自己破産後の生活

MENU

自己破産の基礎知識について記事一覧

自己破産をすると金融機関のブラックリストに載るのでは、という不安がある方は多いと思います。具体的にどんな影響があるのかは分からなくても、大きなマイナスイメージがありますよね。そもそも、ブラックリストとは何でしょうか。実は、そういった名称の名簿のようなものが存在しているのではありません。個人の金融情報リストの中で、何らかの事故記録などが書かれてしまった場合を、俗にブラックリストと呼んでいるのです。事...

自己破産の実行後は、全ての財産を失い、文字通りゼロ円からの再出発だと想像している人も多いようです。ですが、実はそうではありません。先述のように、自己破産後でも、法律によって99万円までの財産を持つことを許されています。現金だけでなく、生活に最低必要な家具などは、差し押さえの対象外として保証されているのです。自己破産後に残っている財産は、債権者に配当されるのが普通です。ここで言う財産とは、99万円以...

経済的に困窮した人が生活を立て直すための最終手段が自己破産です。しかし借金を帳消しにするには、裁判所から債務の免責が認められる必要があります。基本的に債務の返済が不可能であることが証明できれば免責も認められるのですが、一定の条件に該当する場合には免責が認められないことがあるため注意が必要です。その一定の条件は「免責不許可事由」と呼ばれ、主に以下のようなものが挙げられます。ギャンブルや浪費などにより...

自己破産すると、20万円以上の財産は処分する決まりになっています。覚悟して手続きするにしても、自家用車がどうなるのか?気になりますよね。特に公共交通機関が発達していない地方の方にとって、車は贅沢品ではなく必需品となっているため、仕事や生活に影響が出てきます。出来れば維持したいのが本音だとは思いますが、基本的に、残っている価値が20万以上なら、処分しなければいけません。ここでは、いくつかのケースに分...

任意整理したものの、その後の支払いに行き詰まる人は少なくありません。なぜこのような事態が起きるのでしょうか?本来、借金返済に困窮し、色々を手を尽くしたもののどうにもならず、根本的な解決を目指して弁護士に相談、相談の上で任意整理を行った筈です。にも関わらず、根本的な解決どころか・・結局支払いに追われる生活のまま、という事があるのです。ここでは、任意整理の問題点、手続き後に支払えない場合の対応などにつ...

自己破産後は、20万円を超える財産を失うという観点から、住居についての知識もここで共有しておきましょう。住居は、大きく分けて、分譲(自己所有)か賃貸かに分けられるかと思います。つまり、住宅ローン返済と家賃滞納が問題の焦点です。自己破産することによって、賃貸物件を即時追い出されるということはありません。そのまま変わらず住み続けることができます。住宅ローンには担保権が設定されているので、銀行などが競売...

破産申し立てすることによって、債務者が所有している財産はすべて処分されることになります。処分された財産は債権者に分配されるのですが、どこまでが処分の対象となるかどうか、非常に心配だと思います。例えば債務者の方が今まで加入していた生命保険も、自己破産することによってすべて処分されてしまうのでしょうか?誤解している人も多いのですが、実はそうではありません。加入している生命保険の種類によって自己破産をし...

自己破産者が、相手にその事実を隠して結婚することは可能でしょうか?結論から言うと、婚姻届けは何の問題もなく役所で受理されます。ただし、バレないかどうかと言えば、いろいろと注意点もあるのです。ここでは、自己破産と結婚について解説しています。よろしければ参考にしてください。自己破産しても結婚はできる?上でも記載しましたが、問題なくできます。自己破産は、借金返済に困窮する債務者の生活を再構築するための制...